01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
産業・経済
2011年2月7日(月)9:00

宮糖城辺13・68度、沖糖14・26度/キビ製糖操業から1カ月

品質ほぼ横ばい


4万463㌧を搬入した宮糖城辺工場=5日、城辺砂川

4万463㌧を搬入した宮糖城辺工場=5日、城辺砂川

 宮古本島製糖2工場と宮古製糖多良間工場の製糖操業は7日で開始1カ月を迎えた。品質の実績(累計)をみると、平均糖度は宮糖城辺が13・68度、沖糖が14・26度、宮糖多良間は12・4度と先月7日の開始当初に比べると上昇しているが、ほぼ横ばいの状況。昨年10月に接近した台風による被害が伸び悩みの要因とみられる。品質の高低は農家所得に直接響くため、今後の冷え込みなどによる品質上昇が期待される。



操業開始1カ月で5万4906㌧を搬入した沖糖宮古工場=5日、下地上地

操業開始1カ月で5万4906㌧を搬入した沖糖宮古工場=5日、下地上地

 宮糖城辺は6日までに4万463㌧を搬入した。先月末に工場内ボイラーの故障で数日間原料の搬入を停止したが、現在はフル稼働で対応している。

 品質区分は基準糖度帯(13・1~14・3度)内の原料が最も多く50・88%、次いで基準以上の24・58%、基準以下は24・54%。農家の1㌧当たり平均手取額は2万2263円。

 沖糖宮古は開始1カ月で5万4906㌧の原料を搬入。平均糖度は度台を維持しており今後の上昇が期待される。品質区分をみると基準糖度帯の原料が39・41%、基準以上が47・23%、基準以下は13・37%。農家の1㌧当たりの平均手取額は2万2864円と増加傾向にある。

 宮糖多良間は依然として厳しい品質取り引きが続いている。品質区分で基準糖度帯以下の原料が全体の68・1%を占めており、基準内は28・7%、基準以上はわずか3・2%にとどまっている。原料は開始1カ月で6788㌧を搬入した。1㌧当たりの農家平均手取額は2万878円。

 各工場とも平均的な数値で見れば品質面で伸び悩んでいる。工場関係者は「やはり昨年10月の台風の影響を受けている。キビにも若干勢いがない」と話しており、今後の冷え込みなど気象条件に伴う品質上昇を期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!