10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
政治・行政 社会・全般
2021年8月18日(水)9:00

37店舗が時短応じず/新型コロナ

県が文書で再度要請/市内飲食店 巡回強化の方針


 飲食店等に行っている午後8時までの営業時間の短縮要請について、県は応じていない宮古島市内の飲食店37店舗に対し、時短に協力するよう求める文書を送付していることが17日、分かった。県コロナ対策室によると、時短に応じない店舗は巡回や市民からの情報提供などで把握。市内では飲食店従業員の新型コロナウイルスの感染が多く見られることから、今後はさらに巡回をする方針で、応じない店舗に対しても協力を求めていく考えだ。

 飲食店への巡回は県の委託を受けた業者が週1回実施。また、県宮古事務所の職員も実施しているという。時短要請に応じていない店舗については文書で再度要請を行い、それでも応じていないことが確認されれば、さらに強い「命令」を発出する。命令に違反すれは裁判所に通知し、裁判所の判断で30万円以下の過料に科される場合がある。

 県は「現状で応じていない店舗もあるが引き続き協力を求めていく。また、今後はさらに巡回を強化していきたい」と話した。市内で過料となった店舗の有無については「市町村別では発表していない」と回答した。

 休業要請に応じていない店舗がある状況に60代の会社員男性は「助成金などがあってもすべてを賄えるわけではないと思うので、(店舗を)開けたくなる心情は分かる」としながらも、感染拡大が続く市内の現状を踏まえて「協力している店舗もある。医療体制も厳しく、小さい島でのコロナ対策はみんなで一致団結して実施しなければダメだと思う。大人が自覚を持って行動しなければそのしわ寄せは子供にいく」と話した。

 宮古島社交飲食業生活衛生同業組合の奥平玄信組合長は「このままでは持たない。店がつぶれるという状況で時短に応じてとは言えない」と現状を説明し、営業するなら感染対策をしっかりと行い、キャストやスタッフのワクチン接種をしてもらうなどの対応を求めているという。

 奥平組合長は「感染拡大が続き、突破口が見えない状況。ワクチンの2回接種が終わったスタッフやキャストなどには、接種済みが一目で分かるようなリストバンドの配布など、市独自の取り組みを進めてもらうよう市にも要請していきたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!