02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
産業・経済
2011年2月10日(木)9:00

「温度管理をしっかりと」/マンゴー

農家100人参加し栽培講習


大勢の農家がハウス管理の仕方などを学んだ講習会=9日、長北ファーム

大勢の農家がハウス管理の仕方などを学んだ講習会=9日、長北ファーム

 マンゴー栽培講習会(主催・市農林水産部農政課)が9日、城辺長北のハウスで行われ、約100人の農家が参加した。今年初なりとなる同ハウスのマンゴーは、これから花が咲きそろう時期。講師の伊藝安正・恩納村農林水産課農業経営アドバイザーは「花が咲いても実を付けなかったら、それは本人のせい」と適切な温度管理を促した。


 伊藝さんによると、開花から着果期のハウス内温度は、25~30度が適度。「暑かったらハウスのビニールを開け、寒い時は閉める管理が大事」と強調した。23度以下では、実を付けないという。

 宮古のハウスでは、受粉昆虫が少ないと指摘。受粉昆虫の多さも着果を増やすポイントになるとした。

 隔年結果の回避策については、「木は着果から収穫までの段階で疲れる。早い時期に回復させないと翌年、実を付けない可能性がある。実を6~7割収穫したら、肥料を与える。終わってからでは間に合わない」とアドバイスした。

 講習会に参加した佐久田幸男さんは「温度や水、施肥管理が勉強になった。詳しくて、実践的な指導だった。今後に役立つ」と感想を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!