06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
産業・経済
2011年2月10日(木)9:00

交信かく乱法確立へ/ケブカアカチャコガネ

生態調査で幼虫を採取


ケブカアカチャコガネの幼虫を採取する関係者ら=9日、平良野原越

ケブカアカチャコガネの幼虫を採取する関係者ら=9日、平良野原越

 さとうきび技術員会や病害虫対策協議会によるケブカアカチャコガネの幼虫採集作業が9日、平良野原越と城辺上区のほ場で行われた。両団体のメンバー約30人が参加し、生態を調べるために数千匹の幼虫を採集した。集めた幼虫は茨城県つくば市の農業生物資源研究所に送られ、成虫の交尾を阻害する交信かく乱法の確立に向けて研究が進められる。


 ケブカアカチャコガネの幼虫はサトウキビの根などを食い荒らす土壌害虫。防除法は確立されておらず、現在は雌の性フェロモンで雄を誘引し、成虫の交尾を阻害する交信かく乱法の研究と実証試験が行われている。

 今回の幼虫採集は3年連続。交信かく乱法の精度を高め、より効果的な防除法を確立するために実施されている。集めた幼虫は同研究所で成虫になるまで飼育して交信かく乱の実証試験を行う。

 作業の参加者は農具を手に次々と幼虫を採取した。幼虫は腐葉土が入った小さな容器に餌のサトウキビと一緒に詰め込んだ。

 県農業研究センターの上席研究主幹の新垣則雄さんは「幼虫を成虫にし、交信かく乱のメカニズムを解明しながらより良い交信かく乱法の技術を確立していきたい」と話し、早期防除法の確立に意欲を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!