05/17
2022
Tue
旧暦:4月17日 友引 庚 
社会・全般
2021年9月12日(日)9:00

宮古島地方 きょう午前、強風域に/台風14号

勢力をやや弱め北上/最大風速は20㍍予想


遊漁船などは陸揚げされ、ロープで固定されていた=11日、平良港下里船だまり(布干堂)

遊漁船などは陸揚げされ、ロープで固定されていた=11日、平良港下里船だまり(布干堂)

 猛烈な台風14号は11日、沖縄の南を時速15㌔で北北西に進んだ。今後は勢力をやや弱めながら北上し、12日には与那国島と台湾の間を通過する見込み。気象台によると、宮古島地方は12日朝から昼前に強風域に入り、13日未明には抜けるという。予想される最大風速は20㍍、最大瞬間風速は30㍍。沿岸の海域は大しけとなり、12日明け方には波浪警報が発令される見込み。

 同日午後3時現在の中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55㍍、最大瞬間風速は80㍍。中心から半径110㌔以内が風速25㍍以上の暴風が吹いている。

 12日午後3時には石垣島の西約200㌔に移動する見込み。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は70㍍、予報円の中心から半径175㌔以内が暴風域に入る恐れがある。

 宮古島地方は、台風と高気圧の間で気圧の傾きが大きくなり、12日には非常に強い風が吹く見込みだが、暴風域には入らない。

 降り始めからの24時間雨量は80㍉を予想している。24時間後も雨が降り続くため、地盤の弱い場所は土砂災害に注意が必要だ。

 沿岸の海域では、12日昼前から大しけとなる予報で、うねりを伴った高波に警戒が必要。予想される波の高さは12日が7㍍、13日は6㍍となっている。

 市内の各所では台風に備えて、防護ネットなどが張られていた。漁港では遊漁船などは陸揚げされ、ロープで固定されていた。

 気象台は、最新の台風情報を確認することを呼び掛けている。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!