05/18
2022
Wed
旧暦:4月18日 先負 辛 
教育・文化
2021年9月17日(金)8:58

島の魅力と課題伝える/観光協会青年部

元ミス宮古島ら高校生に講話


吉田副委員長(左)らが観光について講話した=16日、宮古総合実業高校

吉田副委員長(左)らが観光について講話した=16日、宮古総合実業高校

 宮古島観光協会青年部(平良勝久部長)は16日、宮古総合実業高校で観光講話を開いた。元ミス宮古島らが、商業科の生徒たちに島の魅力と観光の現状や課題を伝えた。生徒たちはメモを取りながら真剣な表情で聞き入っていた。

 平良部長は「宮古島の観光について」、第37代ミス宮古島の大泊千尋観光戦略委員長、第44代ミス宮古島の吉田芹観光戦略副委員長が「観光×SDGs」をテーマに講話した。

 平良部長は、宮古島の観光の現状を説明。宮古に訪れる観光客が100万人(2019年)であることや、ロックフェスティバルは4億3800万円の経済効果があることを伝えた。

 大泊委員長と吉田副委員長は、ミス宮古島を経験したことで島の魅力を再認識したことを紹介。「観光は量から質への転換点を迎えている。若い世代が考え行動することが大切。キーパーソンは皆さんだ」と呼び掛けた。

 生徒を代表して友利ひなたさんが「ありがとうございました。これからの授業で生かしていきたい。私たちにできることは、イベントなどのボランティアに参加することだと思った。一緒に宮古島を盛り上げていきたい」と礼を述べた。

 同校は現在、分散登校を実施しているため、講話は13、16の両日で行われた。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!