07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
環境・エコ 産業・経済
2011年2月11日(金)9:00

多良間でエタノールを生産へ

ソルガムバイオ事業

沖縄本島で試験栽培されているソルガム

沖縄本島で試験栽培されているソルガム

 飼料作物のソルガムからバイオエタノールを生産する事業展開を視野に、ヤンマー沖縄(宜野湾市)と多良間村が連携して進める 地域循環型のバイオマス(生物資源)活用事業が、現地で動き出した。1月末には畜産農家や議員、役場職員らに事業概要を説明。村は来月1日からソルガムの試験栽培(種まき)を開始する。


 試験栽培するソルガムの草丈は、通常目にする品種の倍以上の4・5㍍。糖度はサトウキビと同じ程度という。年2回収穫で反収は15㌧~22㌧。バイオエタノールの原料にする汁を搾り取った残り粕(バガス)は、牛の飼料にする。
 発酵残さと牛ふんは液肥にし、化学肥料を抑制した地下水に優しい農業を描く。
 種まきは3月1日、4月1日、5月1日の3回に分けて行う。試験栽培では、サトウキビ収穫後地の有効利用も検討する。
 現在村内では、約300㌶で牧草が栽培されている。既存の牧草をソルガムに変えた50㌶の栽培で、年間飼料生産は、現在の約2倍の1万㌧を見込む。牛の飼養頭数も大幅に増やせるとしている。
 ソルガム飼料は、乳酸菌で発酵させる方法を採用する。沖縄本島での試験によると、嗜好(しこう)性は高いという。
 バイオエタノールの当初の年間生産量は、2000㌔㍑を目標に掲げている。エタノールの製造に使うエネルギーは、牛ふんや家庭の生ごみをメタン発酵して確保。1㍑当たり100円以下の販売が、可能としている。
 事業に対する住民の協力が得られ、事業化にめどが付けばエタノールの現地生産に踏み切る。
 島内消費を前提とするバイオエタノール生産だが、使途が自動車燃料のE3に限られた場合、余剰が生ずる可能性がある。余剰分は、島外出荷の可能性を調査する。
 同事業を担当する板谷勉ヤンマー沖縄農機営業部環境グループ部長は「小さい離島で、廃棄物を出さない循環型モデルができると、全国にも応用できる」と事業実現に期待している。
 事業名は「緑と水の環境技術革命プロジェクト」。農林水産省の委託を受けて実施している。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!