01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済
2011年3月3日(木)9:00

キビ収穫後にオクラ種まき/JA宮古伊良部支部

リレー方式栽培を導入


順調に育つオクラを視察する関係者ら=2日、伊良部

順調に育つオクラを視察する関係者ら=2日、伊良部

 JA宮古地区オクラ専門部会伊良部支部(池間拓夫支部長、会員45人)は2日、春作オクラ現地検討会を開いた。参加者らは、サトウキビ収穫後にオクラを種まきから収穫するまでのリレー方式栽培を確認するとともに、生産技術向上や病害虫未然防止に知識を深めた。県認定の拠点産地に向け活動を展開している。


 栽培面積は約100㌃。昨年は東京市場に11㌧余を出荷、1144万円の取引額があった。安全・安心・高品質から1袋(100㌘入り)98円の高値水準を推移した。

 宮古製糖伊良部工場が12月に年内操業することから、キビ搬入を終えた農家は、2月10~15日に種まきを実施。3月下旬から収穫・出荷すると、4月末にオクラ代金が入ることから、キビ代金を含めて農家経営が安定するとしている。

 この日は、オクラ栽培畑7カ所を視察した。オクラ周辺に敷いた敷草のメリットとして▽毎日の収穫作業時に汚れない▽雨天時でも農薬散布ができる▽オクラ収穫後に堆肥に変わる▽除草効果がある-を挙げた。

 栽培農家のうち、玉元正助さんのビニールハウス内では、苗が青々と育っていた。玉元さんは「オクラ栽培は今年で3年。昨年2㌧余り出荷したことが口コミで広がり、会員が急増した。今年は1月19日に種まきをしたが、作柄は上々」と笑顔で語った。

 佐久川浩希さんは、今年が初めての栽培。「ビニールハウス内の温度は調整している。順調に育っているので、収穫が楽しみ」と前を見据えていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!