06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2011年3月15日(火)9:00

沖糖23日、宮糖27日/キビ搬入終了

宮古地区 4年連続30万㌧台は確実


各工場の製糖作業が終盤を迎えている=14日、宮古製糖城辺工場

各工場の製糖作業が終盤を迎えている=14日、宮古製糖城辺工場

 宮古本島にある製糖2工場の2010-11年産サトウキビ製糖操業が終盤に入った。サトウキビの搬入は沖縄製糖宮古工場が23日前後、宮古製糖城辺工場は最短で27日の終了を見込んでいる。ハーベスターによる機械刈り原料が多く残っており、今後の天候によっては終了日も前後する。


 13日現在の搬入状況をみると、沖糖には11万9107㌧、宮糖には9万4522㌧が搬入されている。

 品質は前期に比べて低下しているが、13日現在の平均の糖度は沖糖が14・53度、宮糖が13・94度。それぞれ操業開始当初より上昇している。1㌧当たりの農家平均手取額は沖糖が2万3176円、宮糖は2万2528円となっている。

 搬入終了期日は両工場とも「当面の予定」としているが、機械刈りを行う原料が多く残されているため、今後の天候次第では予定より2~3日ずれ込む可能性もある。

 伊良部、多良間を含めた宮古地区全体の今期生産量は33万2400㌧が見込まれ、4年連続の30万㌧台はほぼ確実となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!