02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
スポーツ
2011年3月17日(木)9:00

トライ、予定通り開催/東日本大震災

辞退者の参加料は全額返金


 東日本大震災の影響を受けて、出場選手の減少が予想される第27回全日本トライアスロン宮古島大会で、大会長の下地敏彦市長が16日に会見を開き、大会は予定通り来月24日に開催することを発表した。ただ、被災者が出場の辞退を申し出た場合は参加料の全額を返金する。選手や大会関係者は当日、追悼、激励を意味するリストバンドを付ける。看板や横断幕、Tシャツにもロゴを書き込んで被災地を激励する。

 宮古島市役所平良庁舎で開かれた政策調整会議での議論を踏まえて決定した。会見で下地市長は、震災で亡くなった人に対する哀悼の意を示した上で「大会は予定通り開催した方が良いということで決まった。被災地に頑張ろうというエールを送りたい」と述べた。

 第27回大会の新たな運営要領として①市長の開催メッセージ発表②対象者の払い戻し請求を受けて参加料の全額を返金③辞退者が多数出た場合は宮古島市の資格者を補充する④ワイドーリストバンドを関係者が身に付ける⑤リストバンドを販売して収益金を全額被災地に寄付する―などを盛り込んだ。

 参加料は、選手本人か家族が被災し、やむを得ず大会に参加できない人を対象に全額返金する。今後、実行委員会がホームページなどを活用して出場全選手に告知する予定。

 そのほか、東日本大震災関係の配慮としては華美な応援や花火などを慎むほか、大会場に募金箱を設置して被災地への義援金を募ることも決めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!