02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
政治・行政 産業・経済
2011年3月19日(土)9:00

炉の改修工事完了/多良間村ごみ焼却施設

関係者集い安全運転を祈願


関係者らが玉串を奉納し安全運転を祈願した火入れ式=18日、多良間村ごみ焼却施設

関係者らが玉串を奉納し安全運転を祈願した火入れ式=18日、多良間村ごみ焼却施設

 【多良間】多良間村(下地昌明村長)のごみ焼却施設改修工事で焼却炉の改修が終わり18日、火入れ式が行われた。主催した施工業者の役職員や、役場の関係者らが出席し、運転の安全と施設の有効活用を祈念した。工事はこの後、周辺整備などを行い、4月中旬の完了を予定している。


 火入れ式の神事では、宮古神社の奥間寛次神職による祝詞(のりと)やお払いが行われ、関係者らが玉串(たまぐし)を奉納した。
 神事の後、直会(なおらい)が行われた。
 下地村長は「ごみのない清潔な環境づくりと、地球環境を少しでも良くしていけるよう施設を活用したい」とあいさつした。


 工事を施工した開邦工業の玉寄英一社長は、村民の生活環境整備に、施設の有効活用ができるよう祈念。
 乾杯の音頭を取った西平幹議長は「村内のごみを減らして、この施設に負担を掛けないようにしていきたい」と、ごみ減量の取り組み強化に意欲を見せた。
 多良間村のごみ焼却施設は、2000年5月に稼働を開始した。約10年が経過し、老朽化したため改修となった。工事は昨年末に始まり、この間、小型焼却炉で一部対応した。総事業費は、約3億円を投じた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!