05/20
2022
Fri
旧暦:4月20日 大安 癸 
社会・全般
2008年2月12日(火)15:09

~新戦力紹介/大引啓次内野手~

強力打線へのつなぎ役に/2年目を迎える大引啓次内野手


守備練習に汗を流す大引内野手

守備練習に汗を流す大引内野手


二年目を迎える大引啓次内野手は昨季、即戦力ルーキーとして期待通りの活躍を見せた。
開幕スタメンと遊撃の定位置を獲得し、126試合に出場を果たし、「一年間、けがなく終えることができた。監督、コーチが我慢強く使ってくれたおかげだ」と振り返る。
大学時代は東京六大学リーグ歴代4位の通算121安打を放ち、オリックスに入団。巨人に移籍した谷佳知外野手の背番号を引き継いだ。
今キャンプでは守備と打撃を課題に黙々と汗を流す。コリンズ監督からの信頼も厚く、「大引は頭の良い選手。充実したキャンプを送っている」と評価する。
今季の目標はクライマックスシリーズ出場。「強力な助っ人が入り十二球団一の打線になる。それを生かすためにチャンスメークしたい」と自らの役割を認識し、つなぎ役に徹する。

大引 啓次(おおびき・けいじ)1984年6月29日生まれ。大阪府出身。身長178㌢、体重78㌔。背番号。右投右打。浪速高―法政大。06年の大学・社会人ドラフト3巡目で入団。昨季成績は126試合、打率2割7分4厘、24打点。


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!