09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
政治・行政 社会・全般
2011年3月31日(木)9:00

市長に事業の継続答申/パイナガマ公園

市公共事業評価監視委


下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

 市公共事業評価監視委員会の中尾英筰委員長は30日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園について、事業継続とする委員会審議結果を答申した。答申を受けた下地市長は、パイナガマビーチと一体となった公園整備をしていきたいとの考えを示した。


 下地市長から諮問を受け、29日にパイナガマ公園事業の再評価について審議を行った同委員会。中尾委員長は、事業継続と決した委員会判断を報告するとともに、「市民が集いやすいコミュニティーの重視、エコ、健康をキーワードとした整備計画への見直しを望む」とする付帯意見を提示。「伊良部大橋が開通すれば、市街地との連携に良い場所になる。公園事業というより市の将来に密着した、集いやすい場所にしてほしい」と要望した。

 それに対し下地市長は「パイナガマビーチの隣になるので、ビーチ利用と一体となった公園として整備したい」との構想を語った。

 答申を受け、同公園整備事業は継続して取り組む考えを示す下地市長。「これまで紆余曲折あったが、中途半端な状態にしておくことはできないと思っていた。パイナガマビーチを利用した憩いの場として、きちんと整備することが望ましい」との思いを述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!