02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
社会・全般
2010年2月12日(金)17:08

古川秀一投手

紅白登板で存在感


紅白登板で存在感 古川秀一投手

紅白登板で存在感 古川秀一投手

 ドラフト1位入団の古川が、紅白試合で存在感を示した。一回を投げ、打者3人をわずか6球で打ち取る快投を見せた。
 高校時代は長崎・清峰のエースとして甲子園で活躍。その後日本文理大に入学し、1試合20奪三振を記録するなど注目を集めてきた期待の左腕だ。


 11日の紅白試合。初の実践では大村、バルディリス、日高の3人と向き合った。大村をレフトライナーに打ち取ると、バルディリスはサードゴロ、前日の試合で本塁打を放った日高はライトフライに仕留めた。


 最速150㌔ともいわれる豪腕だが、切れ味鋭い変化球の評価が高い。カーブ、スライダー、カット、チェンジアップを自在に操る投手力が首脳陣の期待を集めている。


 試合後は多くの報道陣に囲まれ「抑えられてほっとした」と表情を和らげた。自慢の変化球の制球に課題を残したが「抑えることができたので自信につながると思う」と自分なりの成果を強調した。


 次回は「チェンジやカットをもっとアピールしていきたい」と気を引き締めるドラフト1位左腕。さらなる進化を遂げてペナントに挑む決意だ。


古川 秀一(ふるかわ・しゅういち) - 1987年7月15日生まれ。長崎県出身。清峰高―日本文理大。昨年のドラフト会議でオリックス1位入団。175㌢、80㌔。左投げ左打ち。背番号は14。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!