06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
産業・経済
2011年4月14日(木)9:00

多良間産黒糖を輸出/宮古製糖

香港へ年間100㌧見込む


香港に輸出されている多良間産黒糖(資料写真)

香港に輸出されている多良間産黒糖(資料写真)

 多良間島産の黒糖5・4㌧が香港に輸出されていたことが13日、分かった。多良間島で黒糖を生産する宮古製糖の安村勇社長が同日、明らかにした。県産黒糖のまとまった量の輸出は初めて。同社では、年間100㌧の輸出を見込んでいる。安村社長は「黒糖の新しい展望が開けた。安定供給にしっかり努めたい」と述べた。


 多良間産黒糖の輸出は一昨年、香港で開催された「沖縄フェア」における同黒糖の紹介がきっかけとなった。

 取引先は香港の砂糖取扱会社「太古シュガー」。3月9日に粉黒糖3・9㌧(130袋)、今月8日にカチ割黒糖1・5㌧(50ケース)をそれぞれ輸出した。同社からは一月間に9㌧輸入したいとの要望があるという。同黒糖は、県黒砂糖工業会と県物産公社を通して輸出している。

 香港では添加物を含まない安全・安心な「純黒糖」として扱われているという。

 宮古製糖多良間工場が昨年まで抱えていた在庫はほぼ処理され、今年の場合は生産が不足気味。同社では「希望通り供給できるかが今後の課題。今のところ未知数」と懸念する向きもある。

 一方、安村社長は「国内供給を減らしてでも輸出分を確保したい」と決意を示した。

 昨年まで県内にあった3000㌧の黒糖在庫は県の計らいで、E3や牛の飼料の原料に使い現在、ほとんど残っていない。しかしこれは急場しのぎの対策で、今後とも国内だけでなく外国への販路拡大が求められていた。

 物産公社では「多良間産黒糖を切り口に、原料用としての輸出を広げていきたい」と話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!