02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
環境・エコ
2011年4月22日(金)9:00

世界に「エコの島」発信へ/トヨタ自動車・りゅうせき協力

市がE10車15台導入


りゅうせきの奥島室長(左)がE10車両のキーを下地市長に手渡した=21日、平良

りゅうせきの奥島室長(左)がE10車両のキーを下地市長に手渡した=21日、平良

 24日に開催される全日本トライアスロン宮古島大会を控え、市(下地敏彦市長)は21日、トヨタ自動車とりゅうせき(金城勝也代表)から実証実験のために1年期限で貸されたE10車両15台と市が初めて導入した電気軽自動車(EV)1台の合わせて16台を市営陸上競技場そばの駐車場で、お披露目した。トライ大会から本格的に活用され、エコアイランド宮古島を国内外へ発信する。


 トヨタ自動車の車種と台数は、カローラフィルダー(5人乗り)が6台、カローラアクシオ(同)1台、エスティマハイブリッド(8人乗り)8台。貸車は、E10車両の普及を図るのが狙い。

 りゅうせきは、環境省と自然エネルギー庁の連携事業に基づき、E10燃料の実用実証事業を展開している。E10は、サトウキビから製造した後に残る糖蜜を原料にして生産されたバイオエタノールをガソリンに10%混入した燃料。環境に優しいクリーンエネルギーとされる。

 電気自動車購入費は430万円で、販売したロータス東和オート(新城浩吉代表)は、市に充電機具一式を寄贈した。

 
 下地市長は「今回のE10車両の導入は、全国でも3例目の試験導入であり、またキビからのエタノールを活用した試験導入はわが国でも初めての取り組みとなる」と述べた。

 その上で「東北大震災を踏まえ、今後は行政が防災やエネルギーに対するセキュリティをますます考えなければならない。この宮古島のエコアイランドの取り組みから、日本のエネルギーセキュリティや復興に向けた取り組みに対しての情報発信ができればと思っている」と決意を新たにした。

 引き渡し式では、りゅうせきバイオエタノールプロジェクト推進室の奥島憲二室長と同オートの新城浩司取締役がそれぞれ下地市長にキーを手渡した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!