08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2011年5月3日(火)9:00

延べ4000頭を受託/肉用牛ヘルパー事業10年度

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターのまとめによると2010年度に、肉用牛ヘルパー事業を利用して委託された牛は、延べ4035頭で前年の2796頭と比べ1239頭(44%)増えた。受託料金は同比206万円(30%)増の897万円。利用料金のうち、50%は国が補てんしている。


 2001年に始まった同事業の利用件数は、農家の高齢化に伴い増える傾向にある。JAでは、「事業は、特にお年寄りに喜ばれている。利用者は今後とも増えていくだろう」と予想する。

 事業は①傷病時や冠婚葬祭、旅行などの際の飼養管理②競り市場への牛輸送や競り上場への誘導③削蹄-などに利用している。

 傷病時などの際の委託頭数は1177頭、輸送や競り誘導が919頭、削蹄が1939頭。

 金額は削蹄が最も大きく602万円、輸送など237万円、飼養管理などが56万円となった。

 事業はJAと宮古和牛ヘルパー利用組合(伊波広次郎組合長・ヘルパー約25人)が連携して取り組む。

 利用料金は、輸送が1頭当たり3000円、競り誘導2000円。日常管理は1日の基本額が2000円で、頭数割が1頭300円。10頭を1日間委託すると料金は、5000円になる。削蹄料は子牛が2400円、成牛が3400円。利用申し込みは、JA各支店窓口で受け付けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!