01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済 社会・全般
2011年5月27日(金)9:00

2100万円を「無事戻し」へ/宮古郡農業共済組合

キビ作農家対象 2年連続


2010年度の事業報告などを承認した総代会=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

2010年度の事業報告などを承認した総代会=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古郡農業共済組合(砂川栄市組合長)の第65回通常総代会が26日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。サトウキビ共済の10年度末収支は、近年大きな台風や干ばつがなく3年連続豊作となったことから、1655万円の累積黒字を計上。同黒字と県連合会の交付金を財源に2111万円を「無事戻し」する議案を承認した。家畜、キビ、園芸施設、建物の4部門を合わせた10年度の決算は751万円の黒字となった。


 キビ共済の「無事戻し」は、2007~09年産まで3年連続加入した835戸の農家が対象。この間に納めた掛け金の半分を上限に払い戻しする。払い戻しは、2年連続。支払いは6月中を予定している。

 支払い最高額は23万4767円、最低122円、平均で2万5284円となっている。

 農業共済は、国が掛け金の約半分を負担し自然災害や不慮の事故などに備えている制度。10年度の国庫負担金は1億582万円、農家負担金が1億435万円。これに対し、1億2886万円の共済金が支払われた。

 部門ごとの収支は家畜が317万円の赤字、キビが839万円、園芸が230万円それぞれ黒字となった。

 加入資格のある農家数をベースにした加入率は家畜が69・3%、キビ38・9%、園芸が29・0%。今後については「信頼のきずな」未来を拓く運動の推進による、全戸加入を課題に挙げている。

 あいさつで砂川組合長は、農業共済組合再編協議について「喫緊の最重要課題として、連合会や他組合との協議を進めている。組合員負担の軽減と、共済事業の引受拡大を念頭に協議を進めていきたい」と述べた。

 農業共済事業にかかる功績者として運天満氏(城辺)と宮国博文氏(伊良部)の2人を表彰した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!