07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
環境・エコ
2011年6月19日(日)9:00

吹き抜ける風感じ/エコハウスの暮らし講座開催

市街地型のエコハウスを見学する参加者=18日、平良西里

市街地型のエコハウスを見学する参加者=18日、平良西里

 平良西里にある市街地型エコハウスで18日午前、同ハウスの暮らし講座が開かれた。15人の受講者が設計者から説明を受け、実際に室内を見学しながらエコハウス建設の背景と実用性に関する理解を深めた。


 この講座は、一般市民からアンケートなどで寄せられたエコハウスに関する疑問に答えることが狙い。設計者である伊志嶺敏子さんがエコを重視した設計の詳細を説明し、自然エネルギーを最大限に生かすエコハウスの魅力を強調した。

 伊志嶺さんは「自然の力を有効に使っているのがエコハウス。昔ながらの暮らしの知恵を生かしていくことが大切」と話した。その上で①地窓②遮熱塗料③風通しの良い設計の工夫-などについて説明した。

 低い位置に取り付ける地窓は床を乾かすため「床を素足で踏む快感がある」と利点を紹介した。

 太陽の赤外線領域の光を反射させて熱量を減少させる遮熱塗料の変わりとしてエコハウスではベンチレーションブロックを使用していることも説明した。このブロックは地下水の硬度を低減化する過程で排出される炭酸カルシウムペレットを塗り込んだもので、参加者はペレットを手にとって感触を確かめていた。

 そのほか吹き抜けや花ブロックの活用、軒の深いひさしなどエコハウスならではの設計説明も行われた。

 参加者は実際に室内を見学し、木材の香りと吹き抜ける風を感じながらエコハウスの魅力に触れた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!