06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
社会・全般
2011年7月9日(土)9:00

「基本法が形がい化」と指摘/全国病療養所連絡協

南静園で意見交換


各代表が実情を説明した意見交換会=8日、宮古静南園

各代表が実情を説明した意見交換会=8日、宮古静南園

 全国ハンセン病療養所所在市町連絡協議会(会長・渡部尚東京都東村山市長)は8日、宮古南静園で入園者自治会(宮里光雄会長)と意見交換した。協議会では、今後の活動に生かしていく方針。


 新城日出郎園長は「南静園に勤務して今年で15年。これからの課題は、入所者たちが孤立しないで、安心して老後を過ごせるかということ」と述べた。

 宮里会長は、歓迎の意を表した上で「ハンセン病問題基本法は2008年6月18日に制定され、09年4月1日から施行した。基本法の理念と目的に形がい化が始まっているのではないか。療養所の職員は入園者の生活に大きな機能を果たしているが、国は職員定数の削減を進めている」と指摘した。

 その上で「将来構想で、今後どのようにして地域に開放していくのか。国がやるという考えもあるが、これでは進展がない。地域が主体的に積極的に関わって共生してもらいたい。現在の施設は地域との共生型施設」と述べた。

 宮古退所者の会の知念正勝代表は「全国には約1300人の退所者がおり、県内では約500人がいる。このうち宮古には60人ほどいるが、偏見・差別の影響で社会の片隅に住み、社会の表に出てこない。退所後、結婚した人もいるが、結婚相手と子供、孫にもまだ自身のことを伝えていない人もいる」と説明した。

 参加者らは、意見交換に先立って納骨堂で献花を行い、冥福を祈った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!