02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
スポーツ
2011年7月22日(金)9:00

「元気を宮古島から」/県中学野球が開幕

選手宣誓する北の松川主将=21日、市民球場

選手宣誓する北の松川主将=21日、市民球場

 第63回県中学校野球選手権大会(主催・県中体連など)の開会式が22日、市民球場で行われた。宮古地区代表の北、下地、久松を含む各地区代表の26校が入場行進した。北の主将を務める松川太一君が「日本中に私たち中学生の元気を宮古島から届けたい。支えてくれた多くの人々に感謝し、一戦一戦仲間と共に全力で戦う」と選手宣誓した。試合はきょう日から1回戦が始まり、熱戦の火ぶたが切られる。決勝は26日。宮古開催は12年ぶり。


 宮古勢は、久松対西原東が市民球場第1試合(午前9時)、北対神森が同第2試合(同11時10分)、下地対真和志が下地球場第4試合(午後3時30分)でそれぞれ初戦を迎える。

 開会式で伊志嶺吉作・宮古地区中体連副会長は「出場おめでとう。心技体を遺憾なく発揮し、最後まで全力プレーで観衆に感動と元気を与えてほしい」とあいさつした。

 地元中学を代表して下地中学校生徒会長の村吉梨静さんは「各地区の激戦を勝ち抜いた誇りを胸に、仲間と共にゲームセットの瞬間まで精いっぱい戦ってください」と述べた。

 この日は、県中学校総合体育大会の総合開会式も県総合運動公園で行われた。22日から県内各地区で12競技の熱戦がスタートする。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!