06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2011年7月25日(月)9:00

根絶のめど立たず/伊良部のバッタ異常発生

防除から5日、農家警戒強める


大型送風散布機で薬物防除を実施しているが、バッタ根絶めどは立っていない=24日、下地島

大型送風散布機で薬物防除を実施しているが、バッタ根絶めどは立っていない=24日、下地島

 伊良部の下地島のサトウキビ畑で、キビに食害を与えている害虫トノサマバッタの異常発生で農薬防除を実施してから24日でちょうど5日。バッタの発生は拡大する一方で、根絶のめどは立ってない。宮古製糖伊良部工場では「発生源は、下地島空港滑走路周辺の草地だが、農薬防除の実施日が不明。このままでは農薬防除を終えたキビ畑に、再び飛んでくる可能性がある」と警戒を強めている。


 バッタの異常発生は19日、空港南側のフェンス近くのキビ畑で確認された。市、同工場、JAおきなわ宮古伊良部支店、キビ生産農家は対応策を協議した。その結果、20日から大型送風散布機(スーパーパウダー)など2台を導入して薬剤防除を展開した。

 21日に開かれた市・同工場・生産農家の3者会議では、散布する薬剤費の負担について話し合った。協議の結果、市・同工場とも30%、生産農家40%の負担で決まった。

 バッタの集団は24日現在、公営ゴルフ場「サシバリンクス伊良部」のすぐそばのキビ畑でも確認された。今後ゴルフ場に侵入することも予想されている。

 バッタは年3回産卵するとされる。既に雌雄の交尾が確認されていることから、世代交代の幼虫発生が考えられている。

 同工場では「23、24の2日間とも休み返上で薬剤防除作業に追われた。5日間で作業に当たったボランティアは延べ50人。早めに発生源を薬物防除してほしい」と訴えた


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!