07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
スポーツ
2011年7月26日(火)9:00

北、5年ぶり頂点に王手/県中学野球準決勝

延長サヨナラで石垣下す


延長8回、サヨナラのホームを踏む北・松川=25日、市民球場

延長8回、サヨナラのホームを踏む北・松川=25日、市民球場

 第63回県中学校野球選手権大会は25日、市民球場で準決勝2試合を行った。宮古代表の北は延長戦の末、石垣にサヨナラ勝ち。5年ぶりの決勝進出を果たすとともに、九州大会出場権を獲得した。先発の本村泰紀は4試合連続の完投勝利を挙げ、自らサヨナラ安打も放った。決勝は同球場できょう26日午前10時開始。知念(島尻)と対戦し、5年ぶり3度目の優勝を狙う。


 北は二回に8番古城翔也が先制打。4回には逆転を許したが、直後に6番川満太一朗の左前適時打で同点に追い付いた。

 両者譲らず迎えた延長8回には、1番松川千紘の左前打と敵失などで無死二、三塁の好機を演出。3番本村が左越適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。

 濱川太監督は「1点勝負の我慢比べだった。本村が良く投げ、打ってくれた」と振り返り、「ここまで来たら優勝しかない。5年ぶりの頂点を狙いたい」と照準を合わせた。

 主将の松川太一は「決勝では先制点を奪い、投手を楽にしたい。優勝して応援してくれる皆さんに恩返しをしたい」と誓った。

 準決勝第1試合は知念がサヨナラ勝ち。2点差を追う十回裏に、二死満塁から左翼線沿いに走者一掃の適時打を放ち、試合をひっくり返した。

 決勝で対戦する知念の瀬名波敦監督は「ずっと優勝を目標にしてきた。最後まで楽しみながらミスのない試合をしたい」と話した。

 5年前の優勝は延長戦でも決着がつかず、東江との両校優勝だった。初優勝は1980年。

 結果は次の通り。
石垣
 00020000|2
 01010001×|3

(石)大江、安仁屋、大江-砂川
(北)本村-与儀
▽二塁打=高宮城(石)
宜野湾
0001000002|3
0000010003×|4
知念
※延長十回特別ルール
(宜)伊波-知花
(知)島袋-大田


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!