01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
スポーツ
2011年7月29日(金)9:00

川満がプロテスト合格/女子ゴルフ

「皆さんに恩返しできた」


川満陽香理

川満陽香理

 日本女子プロゴルフ協会のプロテスト最終日は28日、奈良県のグランデージゴルフ倶楽部(6478ヤード、パー72)で行われ、宮古島市平良出身の川満陽香理(24)が6位タイに入り、合格を果たした。4回目の挑戦で夢をつかんだ川満は「まだ実感はないがうれしい。宮古で練習環境を与えてくれた皆さんに恩返しすることができた」と喜びを語った。宮古出身者の合格は初めて。


 プロテストは一次予選、二次予選を勝ち抜いた113人によって争われ、上位20位が合格となる。川満は初日4位、2日目5位タイと好位置をキープし、最終日は3バーディー3ボギーの72で回り、6位タイでラウンドを終えた。

 昨年は最終日で崩れ、1打差で合格を逃したが、今大会は安定したゴルフでプロへの扉を開いた。「ツアーに出場したことで目標が合格より上になった。順位にこだわらず、スコアに集中できた」と振り返り、「けがをせず、シード権を長く得られるよう頑張りたい」と目標を語った。

 今年、川満は出場枠次第でツアーに参戦可能になる「TPD単年登録」を行い、ステップ・アップ・ツアーなどに参戦していた。今回の合格で名実共にプロの仲間入りを果たした。

 宮古ゴルフ連盟の野津武彦会長は「合格をうれしく思う。ツアーで上位を争える選手になってほしい」と期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!