01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
イベント
2011年8月1日(月)9:00

親子で力合わせ工作/本社主催ふれあい手作り広場

のこぎり、ドリル使い/過去最多136組が参加


過去最高の136組の親子が参加して、オリジナルの作品づくりに挑戦した=31日、メイクマン宮古店

過去最高の136組の親子が参加して、オリジナルの作品づくりに挑戦した=31日、メイクマン宮古店

 第24回親子ふれあい手作り広場(主催・宮古毎日新聞社、協賛・メイクマン)が31日、メイクマン宮古店で行われた。過去最高の136組の親子が参加してカンカラ三線やアクリル工作などに挑戦。参加した親子は、メイクマンのスタッフから指導を受けながら、オリジナルの作品作りに取り組み、青空の下で額に汗しながら夏休みの楽しいひとときを過ごした。


 午前10時からの開会式で、本社の平良覚社長は「しっかり水分を補給してけがをしないよう親子で楽しい夏休みの思い出をつくってほしい」とあいさつした。

 参加者は、カンカラ三線、漆喰シーサー、木工工作(踏み台、竹馬)、アクリル工作(からくり貯金箱)から好きなものを選択し、メイクマンのスタッフに手伝ってもらいながら一つ一つの作業を行った。

 のこぎりや電動ドリルなどの普段はあまり使うことのない工具に子どもたちは最初戸惑っていたが、父母やスタッフの指導を受けると次第に使いこなせるようになり、それぞれの作品を完成させた。

 漆喰シーサー作りに挑戦した上間香奈さん(平一小1年)は「思ったよりも上手にできたと思う。色はピンク色にして完成した作品は自分の勉強机に飾りたい」と話した。

 香奈さんの母・理津子さんは「初めて参加したが親子で一緒に協力し合いながらできるのでとても楽しい」と感想を述べた。




カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!