01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政 社会・全般
2011年8月10日(水)9:00

水難事故防止パネル展開幕

チラシ配布で未然防呼び掛け


開幕した水難事故防止・海洋危険物パネル展=9日、宮古空港ターミナル

開幕した水難事故防止・海洋危険物パネル展=9日、宮古空港ターミナル

 市水難事故防止推進協議会(会長・下地敏彦市長)の水難事故防止および海洋危険物パネル展が宮古空港ターミナルで9日から始まり、市・県、宮古島海上保安署、宮古島署、市消防本部の関係者が観光客にチラシなどを配布し事故・被害の未然防止を呼び掛けた。パネル展は18日まで。


 県内では、今年に入ってから7月末現在で水難事故は28件発生し、16人が死亡。このうち、宮古では2件発生し、1人が死亡、1人が救助された。また県内では7月だけで14件発生し、9人死亡。

 関係機関では、水難事故が多発しているとして、海のレジャーではライフジャケットを着用するよう呼び掛けている。

 海で遊ぶ時の五つの約束として▽1人では、絶対海に行かない▽何か浮くものを持って行く▽監視員のいるネットの中で遊ぶ▽荒れた海には近づかない▽すぐに助けを呼ぶ-を挙げている。

 ハブクラゲの応急処置は▽刺されたらすぐに海から上がる▽刺された部分は絶対にこすらず、酢(食酢)をたっぷりかけ、触手を手でそっと取り除く▽痛い時は氷や冷水で冷やし病院へ行く-としている。

 式で、市民生活課の島尻強課長は「これからも暑い日は続き、海のレジャーは本格化する。チラシなどを配布し、事故・被害の未然防止を周知してください」と語った。

 市消防本部は、AED(自動体外式除細動器)とダミー人形を使って心肺蘇生を披露した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!