10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2011年8月16日(火)9:00

国際映画祭で審査員特別賞/「スケッチ・オブ・ミャーク」

大西監督「宮古の文化、世界に通じた」


 宮古島の各地で古くから歌い継がれている歌をテーマとしたドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」(大西功一監督)が、スイスで開催されていた「第64回ロカルノ国際映画祭」の批評家週間部門でグランプリに次ぐ「審査員スペシャル・メンション」に選ばれた。大西監督は「宮古島の文化が映画を通じて世界に通じた瞬間だった」と受賞の喜びを語った。


 同映画祭は現地時間の8月3日から13日まで開催。「スケッチ-」は7、8日の2回上映された。大西監督によると2回目の上映終了後は拍手が鳴りやまず、大西監督と原案・監修の久保田麻琴氏が予定外ながら舞台へ立ちあいさつを行うことになったという。そして現地時間の13日午後、審査結果が発表され、同作品が「批評家週間賞・審査員スペシャル・メンション2011」を受賞した。

 多くの観客から「宮古島のお年寄りや文化に感銘を受けた」との声を掛けられたと話す大西監督。「宮古島の深い文化には、世界に通用する素晴らしいものがあるということが証明されたといえると思う。ほかの映画祭関係者からも声を掛けてもらっているので、ますます世界に向け宮古島を、沖縄を、日本を発信していきたい」との思いを語った。

 同作品の国内一般公開に先駆け、宮古島では11月4日に市中央公民館で、「生まり島ミャーク大会」の協賛行事として上映会が行われる。

 ロカルノ国際映画祭 1946年から毎年8月に開催されている国際映画製作者連盟公認の映画祭。最高賞のグランプリは「金豹賞」と呼ばれ、日本人では小林政広監督の「愛の予感」が2007年に受賞している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!