01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
産業・経済
2011年8月18日(木)9:00

食肉センター建て替えへ/総事業費6億3000万円

取締役会で事業化決定 来年度の完成目指す


新宮古食肉センター事業導入についての議案を可決した取締役会=17日、JAおきなわ宮古地区本部会議室

新宮古食肉センター事業導入についての議案を可決した取締役会=17日、JAおきなわ宮古地区本部会議室

 宮古食肉センター(池間等志社長)は新宮古食肉センター事業導入検討委員会(委員長・慶留間智厚宮古家畜保健衛生所長)の答申を受けて17日、取締役会を開き、老朽化の著しい現施設の建て替え案を可決した。建設場所は、宮古島市上野字野原1190の187(旧家畜競り市場)。総事業費は現施設解体工事を含めて6億3250万円を見込む。2012年度中の着工と完成を目指す。


 答申は、食肉センターについて「安全で安心できる食肉」を提供する上で公益性、公共性を最大の役割にしている施設と位置付け。と畜場は、家畜のいる地域になくてはならないと必要性を強調した。

 新センターの20年度のと蓄計画には牛1076頭(1日当たり5頭)、豚1800頭(同8頭)、ヤギ720頭(同3頭)を設定。同計画を踏まえて委員会は、10年後の経営改善は可能とし、地域の畜産振興に寄与するためにも「新施設を整備することが望ましい」と結論に至った。

 施設の整備に当たっては、再生可能エネルギーを活用して健全化に努力していくことも重要と意見があったと報告した。

 補助事業は「離島畜産活性化施設整備事業」を導入する。補助率は9割で、1割(約6000万円)の補助残については市とJA、センターの負担を中間答申している。議案審議で下地敏彦市長は、「負担金などの調達調整はより早めに」にと助言した。

 市有地の建設予定地についても、借り受けに向けて調整を急ぐ方針を確認した。

 施設機能は係留、解体処理、加工施設などを備える。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!