01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
教育・文化 環境・エコ
2011年8月24日(水)9:00

ウリガーを守ろう/子ども博物館

藤田さん、環境悪化を指摘


参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

 第4回子ども博物館(主催・市総合博物館)の「湧水の自然環境」が21日、平良・下地の両地区で行われた。小学生17人が参加し、野外の湧水(ゆうすい)でエビや魚などを見つけると大喜びし、身近な自然にもその環境に順応して力強く生きる生き物たちがいることを学んだ。


 参加した児童たちは、平良の大和井や下地の咲田川などの湧水地を巡り、琉球大学非常勤講師の藤田喜久さんから湧水地と人々との関わりや歴史、そこに住む生き物たちの説明を受けた。

 藤田さんは、ウリガー(降り井)に住むエビは子どものころは海で過ごし、成長すると地下を通ってウリガーにやってくることを説明。さらに、ウリガーに住むエビの中には暗い場所で住んでいるせいか目が小さくなっている種類がいることや、新種のテナガエビも見つかったことなどを紹介した。

 そのほか、藤田さんはごみが捨てられたりして水が汚れるなど、ウリガーの環境が悪化していることも指摘。参加した児童たちに「ウリガーをもっと勉強して、みんなの力でウリガーを守っていこう」と呼び掛けた。

 参加した子どもたちは、見つけたエビや魚についての説明に真剣な表情で聞き入っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!