06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
産業・経済
2011年9月23日(金)9:00

累積黒字17億7000万円/宮古製糖

今後の課題にハーベスター導入


第52期の決算などを承認した総会=22日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

第52期の決算などを承認した総会=22日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古製糖(安村勇社長)の第52期定時株主総会が22日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。第52期(2010年7月1日~11年6月30日)の単年度決算は、1億1099万円の黒字を計上。累積黒字は17億7190万円となった。高齢化を見据えた今後の課題にハーベスターの導入を挙げた。役員改選も行い、新取締役に安村社長ら8人を選任した。


 あいさつで安村社長は「経営安定の原資はサトウキビであることを念頭に、農家、関係機関と連携を図り、増産に向けて鋭意努力したい」と述べた。

 議案審議で、奥平政彦常務は現在約2000㌧ある黒糖の在庫を12月までには、売却できる見通しになっていることを説明。安村社長は、農薬などの補助が行政を通して行われ、農家に直接行っていない状況について、何らかの改善策を講じたい考えを示した。株主の平良光男さんへの答弁。

 52期の売上高は38億5744万円で、売上原価の36億6317万円を差し引いた売上総利益は1億9426万円となった。販売費や一般管理費を減じた営業損益は5億1493万円の赤字となったが、7億2998万円の補助金など大きく単年度決算は黒字となった。

 工場別の原料圧搾量をみると城辺工場は11万557㌧と、前期を少し下回ったものの、春植・株出面積が増えて平年を上回る成績となった。伊良部工場は前期比1万541㌧(16・5%)減の5万3318㌧、多良間工場が同比2862㌧(10・6%減)の2万3893㌧と、いずれも振るわなかった。

 糖度は台風などが影響し、3工場ともに過去5年間では最も悪い成績となった。城辺が14・04度、伊良部14・13度、多良間が13・22度。多良間は1994年の品質取引移行後、最も低かった。
 新取締役は次の通り。(敬称略)

 安村勇(社長)▽宮里和芳(工務部長)▽仲間時次(多良間工場長)▽渡久山和男(伊良部工場長)▽長浜哲夫(JAおきなわ前常務理事)▽菅靖治(三井製糖生産本部生産統括部前次長▽渡邊一郎(2010年、三井製糖上席執行役員総務人事本部長)▽木村洋介(11年、丸紅食品流通・原料部砂糖海外課長)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!