06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
教育・文化
2011年9月24日(土)9:00

宮古への鍛冶伝来は14世紀/奄美沖縄文芸学会シンポジウム

下地氏が御嶽伝説基に見解


「宮古の鍛冶伝承」をテーマに行われたシンポジウム=23日、市中央公民館

「宮古の鍛冶伝承」をテーマに行われたシンポジウム=23日、市中央公民館

 2011年度奄美沖縄民間文芸学会宮古島大会のシンポジウムは「宮古の鍛冶伝承」をテーマに行われた。パネリストの下地和宏・宮古郷土史研究会長は、宮古への鉄製品の伝来時期について、基本的には14世紀になると論述し、稲村賢敷の「13世紀中ごろ以降説」と少し違った見方を示した。立命館大学の福田晃名誉教授が基調講演。下地氏と沖縄国際大学の狩俣恵一教授がパネリスト、コーディネーターは鹿児島国際大学の山下欣一名誉教授と沖縄尚学高校の上原孝三教諭が務めた。


 下地氏は鍛冶伝来の伝説がある御嶽と、関連する遺跡の出土品年代から伝来時期を導き出した。

 伝説の御嶽は、久米島から漂着した兄妹の妹が、子どもを連れて久米島の父に会いに行った際に父から贈られた「黒がね・巻物」を、兄が活用して鍛冶屋を起こして農業を発展させたという伝えのある「船立御嶽」(平良)など5カ所。

 5カ所の御嶽と関連する遺跡として①船立堂②伊良部元島③友利遺跡④運城御嶽遺跡(多良間)-の4カ所を示し、生成年代はいずれも世紀とした。ただ、友利の遺跡については白磁が発見されていることから、14世紀後半の可能性も示した。

 遺物は鉄のかすや、フイゴの付属品、鉄製の鏃、小刀、小さい槍鉄釘、鉄鍋などが出てくるという。

 福田氏は鉄文化は、紀元前3世紀から始まる小国家の権力と深い関わりがあったと指摘。5世紀の大和朝廷を例に挙げ、その権力を支えたのは刀剣や鉄製品だったと見解を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!