08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
政治・行政
2011年9月28日(水)9:00

台湾漁船1隻を確認/池間漁協が尖閣諸島沖の調査終了



 池間漁協(浜川洋美組合長)所属の漁船が9月7日から実施していた、尖閣諸島沖での外国船・漁場調査は27日までに終了した。台湾漁船1隻を確認した。浜川組合長は「漁場調査では、トゥカキン(和名イソマグロ)やマーマチ(同オオヒメ)、シイラ、カツオなどが釣れる豊かな漁場だった。国が今後とも漁船の安全を確保していただければ、尖閣沖で操業したいという漁師たちがいる」と語った。


 国の外国漁船被害救済事業で9隻が実施した。国からの補助金は854万円。
 1隻当たりの1航海の調査日数は2泊3日で2航海したことから、延べ18隻が調査したことになる。漁場調査では、イソマグロなど計約2㌧を水揚げした。


 調査は、池間方言でアカウと称する大正島(別名赤尾嶼(せきびしょ)沖だった。
 一方、宮古島漁協(小禄貴英組合長)では、調査漁船5隻を計画。このうち1隻は終了し台湾漁船5隻を確認した。残りの4隻は今後調査する予定。国からの補助金は930万円。
 伊良部漁協(友利義文組合長)では今週中に調査漁船隻数と調査日を調整し、早ければ来週中に出港する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!