01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政 社会・全般
2011年10月2日(日)9:00

衛生アピールでたすきつなぐ/労基署など5団体

労働衛生週間で駅伝


第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

 全国労働衛生週間にちなむ宮古地区労働安全衛生アピール駅伝は1日、平良地方合同庁舎を発着点に市内7・4㌔を15区間に分けて延べ75人がたすきをつなぎ、同週間をアピールした。


 労働基準協会宮古支部(友利寛忠支部長)、建設業労働災害防止協会宮古分会(豊見山景順分会長)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会宮古支部(塩川博司支部長)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会宮古分会(奥濱貞夫分会長)の共催で行われ、宮古労働基準監督署(立岡成敏署長)が後援した。

 友利支部長は開会式で「衛生週間がスタートした。普段の運動不足を解消しながら週間をアピールして走ってください」とあいさつした。

 立岡署長は「健康管理がメーン。無理をせずに走り爽やかな汗をかいてください」と激励した。

 豊見山分会長、塩川支部長、奥濱分会長の走者宣誓に続き、全員が体操で体をほぐした後、スタートした。

 同週間は1日から7日まで「見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場」を今年のスローガンに掲げ、働く市との健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組むことが目的。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!