01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
イベント 教育・文化
2011年10月4日(火)9:00

唄・三線、踊りで魅了/沖縄宮古民謡協会が芸能祭

「とうがに」が奏でられ、垣花光子舞踊研究所の舞いで芸能祭の幕が開いた=2日、浦添市てだこ大ホール

「とうがに」が奏でられ、垣花光子舞踊研究所の舞いで芸能祭の幕が開いた=2日、浦添市てだこ大ホール

 【那覇支社】沖縄宮古民謡協会(天久勝義会長)主催の第16回芸能祭が2日、浦添市てだこ大ホールで催され、1000人余りの来場者を宮古民謡の唄、三線、踊りで魅了した。


 同協会の恒例行事として定着した芸能祭には、在沖郷友会をはじめ、沖縄本島、本土からも多くの宮古民謡愛好者を集めるようになった。今年の芸能祭は東日本大震災被災地支援のため、場内で募金活動が行われた。

 同協会理事全員による唄、三線で「とうがに」が奏でられ、垣花光子舞踊研究所の踊り手が舞いを披露し芸能祭の幕が開けた。主催者あいさつした天久会長は「多くの愛好者の広がりと支えを礎に、伝統に根ざしながらも豊かさと斬新さに磨きをかけ、宮古芸能の継承発展に全力を尽くしたい」と述べた。

 7月10日に豊見城中央公民館で行われた同協会主催の宮古民謡コンクールでグランプリに輝いた嶋本慶さん=愛媛県松山市=が「伊良部とうがに」を切々と歌い上げるなど、26の演目が次々と舞台で披露された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!