07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済
2011年10月14日(金)9:00

茎が短くて細い/11~12年産サトウキビ

日照不足や台風影響


今期のキビは茎が短いなど育ちが良くない

今期のキビは茎が短いなど育ちが良くない

 宮古地区の2011-13年期産サトウキビは茎が短くて細く生育茎数が少ないため、平年と比べ減産が見込まれている。製糖工場は①2、3月の日照不足②5月の台風2号による葉の損傷③7月の少雨傾向-などが要因と分析する。一方、葉が青々としていることから職員らは、今後の茎の伸びと糖度の蓄積による品質向上に期待している。


 沖縄製糖宮古工場の生育調査(10月1日現在)によると、栽培形態の主流を占める夏植の平均茎長は209㌢と、平年の273㌢と比べ64㌢(23・4%)短い。茎の直径も平年の2・42㌢をやや下回る2・23㌢。1本の重さは平年の1235㌘と比べ469㌘(38%)少ない766㌘となった。10㌃当たり生育茎数は6437本(平年比515本、7%減)だった。

 同様な生育不良は7年前の04-05年期にもあり、平均反収は5・8㌧とかなり低かった。今期の沖糖管内の平均反収は平年の8・2㌧と比べ約15%減の7㌧程度を見込む。

 宮古製糖城辺工場管内の夏植の茎長は平年の258㌢と比べ50㌢(19%)短い208㌢。茎の直径が2・29㌢(平年2・35㌢)。10㌃当たり生育茎数は平年の6906本より491本(7%)少ない6415本となった。

 春植の生育は平年とさほど変わらないが、株出は茎長が149㌢と平年の200㌢よりかなり短い。

 収穫予定面積は沖糖が1601㌶(夏植1267㌶、春植117・5㌶、株出216・5㌶)。宮糖城辺工場が1513㌶(夏植1159㌶、春植174㌶、株出180㌶)。両工場ともに夏植が約8割を占める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!