06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
イベント
2011年10月16日(日)9:00

多良間さん(平良支部)ら最優秀賞/交通安全各支部対抗歌合戦

平良支部が団体優勝/3部門で歌唱力競う


歌唱力を競い合った対抗歌合戦=15日、宮古南静園

歌唱力を競い合った対抗歌合戦=15日、宮古南静園

 歌唱力を競い合う「第2回響け交通安全各支部対抗歌合戦」(主催・市老人クラブ連合会、宮古島署、宮古島地区交通安全協会)が15日午後、宮古南静園の公会堂で行われた。厳正な審査の結果、歌謡曲部門は多良間タカ子さん(平良支部)、演歌部門は糸満和夫さん(同)、民謡部門は村吉順吉さん(下地支部)がそれぞれ最優秀賞に輝いた。平良支部が団体優勝に選ばれた。歌い手は熱唱し、観客約150人を魅了した。全員で飲酒

(手前左から)民謡部門の最優秀賞・村吉順栄さん、歌謡曲部門の最優秀賞・多良間タカ子さん、演歌部門の最優秀賞・糸満和夫さん

(手前左から)民謡部門の最優秀賞・村吉順栄さん、歌謡曲部門の最優秀賞・多良間タカ子さん、演歌部門の最優秀賞・糸満和夫さん

運転根絶と交通ルールの順守を誓い合った。


 連合会の上里寛昌会長は「今後とも老人福祉向上を推進していく」と決意を新たにした。宮古島署の照屋隆副署長は「酒を飲んだ人が『自分は大丈夫だ』という考えから飲酒運転するから、飲酒運転根絶に歯止めが掛からない」と指摘し、今後とも取り締まりを強化していく姿勢を示した。

 次いで宮古地区交通安全協会の宮里敏男会長が「高齢者の中には、自己中心の運転手もいる。正しい交通ルールを守り、思いやりで運転してください」と述べた。

 対抗歌合戦には、下地、城辺、平良、伊良部、上野の5支部が参加。歌謡曲・演歌・民謡の3部門に各支部代表が1人ずつ出場し、計15人が自慢ののどを披露した。

 多良間さんは「月がとっても青いから」、糸満さんは「北の漁場」、村吉さんは「いらぶ夫婦島」を歌い上げた。

 本村博昭審査委員長は「三つの部門とも歌が上手だったので、甲乙付けがたい審査となった。昨年と比べレベルが高かった。出場した方はさらに精進し、来年も参加してください」と講評した。

 高齢者福祉の増進に寄与するとともに、交通安全思想の普及・高揚および高齢者の交通事故防止を図るのが目的で開催された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!