06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
スポーツ
2011年10月18日(火)9:00

北学区が優勝、総合4連覇/宮古体育大会

最終陸上で平一を逆転


総合4連覇を達成した北学区のメンバー=16日、宮古島市陸上競技場

総合4連覇を達成した北学区のメンバー=16日、宮古島市陸上競技場

 第38回宮古体育大会は16日、最終の陸上競技で全日程を終了した。16競技のポイントで競う総合の部は北学区が優勝、平一学区を最終の陸上競技で逆転し、総合4連覇を達成した。2位は平一、3位は東学区。


 今大会は8月7日の柔道とボウリング競技で開幕した。以来2カ月にわたって18学区の代表選手が16競技で力と技を競ってきた。

 優勝した北は16競技中14競技に出場し、確実にポイントを稼いだ。このうちハンドボール男女、剣道、ボウリング、男子ゴルフで優勝して各10点を獲得、2位はなかったが陸上の一般男子と柔道で3位に入り各7点を加点した。その他の競技にも確実に出場してポイント(出場すれば1点)を上乗せしてきた。

 ただ、陸上競技前の得点は108・5点で2位。1位は113・5点の平一で5点の差があった。昨年に続く陸上での逆転優勝を目指した結果、一般男子で7点、同女子で6点、壮年でも3点を獲得し、3部門で各1点だった平一を逆転して総合優勝を決めた。

 北学区体育協会の下地勇徳会長は勝因について「開催競技にできる限り出場してきたこと」と強調。「北学区体協は毎月1回の集まりの中で大会に向けて意見交換している」と話し、高い意識を持って取り組んできた姿勢も勝因に挙げた。

 下地会長は「人材不足は大きな課題だったが学区民の協力を得て4連覇を達成することができた。すべての学区民に感謝したい。来年も総合優勝し、大会5連覇を目指したい」と喜びと抱負を話した。

 2位の平一は前回に続き陸上で逆転を許し、苦杯をなめた。次大会に向けて陸上でのポイント獲得が課題になりそうだ。3位には前回4位の東が入った。以下4位は上野、5位久松、6位南の順だった。

 各競技で上位に入賞した個人・団体の選手らは、来月26、27の両日に沖縄本島南部地区で開催される県民体育大会に宮古代表選手として出場する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!