01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
スポーツ
2011年11月3日(木)9:00

宮高準V、花園行きならず/高校ラグビー県予選

0-40でコザに完敗


強豪コザと対戦した宮高は試合の波に乗れず完敗し花園行きを逃した=2日、名護21世紀の森ラグビー場

強豪コザと対戦した宮高は試合の波に乗れず完敗し花園行きを逃した=2日、名護21世紀の森ラグビー場

 【那覇支社】第91回全国高校ラグビーフットボール大会県予選の決勝が2日、名護21世紀の森ラグビー場で行われ、準決勝で優勝候補の名護を破った宮高は強豪コザと対戦。宮高は相手チームの勢いに押されて試合の波に乗れず、0対40で完敗し準優勝に終わった。初の離島勢進出が期待された「花園(全国大会)行き」はならなかった。


 午前11時のキックオフで始まった決勝は開始後2分、コザが左中間に先制トライ。5点を先取された宮高はスクラムからのセットプレーで力強さを見せるものの、ボールを奪取することができず、相手チームのパス回しの良さに苦戦した。前半で宮高は中央ペナルティーゴールを2本許すなど0-23の無得点で折り返した。

 勢いに乗ったコザは後半12分に中央でペナルティーゴールを決めて追加点を挙げ、その後も2回のトライ、ゴールに成功し得点を重ねた。

 宮高は粘り強さを見せたが、大量得点したコザに追いつくことができず、試合は0対40でコザが勝利した。

 試合後、渡嘉敷通大監督は「自分たちの得意な形に持っていけずに苦戦した。基本に忠実な相手チームに迫力負けした感がある。プレーに対して動じない相手のディフェンスに圧倒された」と振り返った。石垣航平主将は「決勝に備え、チームでいろいろ準備したが、アタック、ディフェンスともに自分たちの形をつくることができなかった。気を引き締めて臨んだが力不足だった」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!