01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
イベント
2011年11月10日(木)1:33

40団体が踊りの共演/第10回クイチャーフェスティバル2011

力強くクイチャー披露

 

会場の観客も一緒になってクイチャーの輪が広がった

会場の観客も一緒になってクイチャーの輪が広がった

 第10回クイチャーフェスティバル2011が6日、カママ嶺公園多目的広場で開催された。「伝統」「創作」「その他の芸能」の各部に過去最高の40団体、約1700人が出演。地元に伝わる伝統クイチャーやクイチャーをイメージさせる「手拍子」を取り入れた創作クイチャーなどがにぎやかに繰り広げられた。市民や郷友、観光客も参加しクイチャーの素晴らしさを再認識した。盛り上がったフェスティバルの模様を写真で紹介する。


漲水クイチャー保存会 漲水御嶽でも奉納舞踊として踊られている伝統のクイチャー。女性だけの踊りで会場に神秘さを漂わせた

漲水クイチャー保存会 漲水御嶽でも奉納舞踊として踊られている伝統のクイチャー。女性だけの踊りで会場に神秘さを漂わせた

うるかのクイチャー 連続10回出場。市の無形文化財に指定されている洗練された踊りが観衆の目を引き付けた

うるかのクイチャー 連続10回出場。市の無形文化財に指定されている洗練された踊りが観衆の目を引き付けた

佐良浜ミャークヅツ・クイチャー保存会 円陣を作り踊り手の歌のみで昔ながらのクイチャーを踊った保存会の皆さん。ミルク酒も振る舞われた

佐良浜ミャークヅツ・クイチャー保存会 円陣を作り踊り手の歌のみで昔ながらのクイチャーを踊った保存会の皆さん。ミルク酒も振る舞われた

西原のクイチャー 西原特有の伝統芸能文化「西原のクイチャー」。女性たちが円陣を組んで優雅に舞い伝統の雰囲気をかもし出した

西原のクイチャー 西原特有の伝統芸能文化「西原のクイチャー」。女性たちが円陣を組んで優雅に舞い伝統の雰囲気をかもし出した

宮国民俗芸能保存会 男性は力強く、女性は優雅な踊りを交互に踊りクイチャー独特のリズムを生み出した宮国のクイチャー=6日、カママ嶺公園多目的広場

宮国民俗芸能保存会 男性は力強く、女性は優雅な踊りを交互に踊りクイチャー独特のリズムを生み出した宮国のクイチャー=6日、カママ嶺公園多目的広場

保良のクイチャー 30年以上途絶えていたクイチャーを復活。フェスティバル初参加で復活の証しを大舞台で披露した保存会の皆さん

保良のクイチャー 30年以上途絶えていたクイチャーを復活。フェスティバル初参加で復活の証しを大舞台で披露した保存会の皆さん

比嘉民俗芸能保存会 地域のイベントに積極的に参加し比嘉に伝わる伝統のクイチャーを各地に広めている。勇壮な踊りはファンも多い

比嘉民俗芸能保存会 地域のイベントに積極的に参加し比嘉に伝わる伝統のクイチャーを各地に広めている。勇壮な踊りはファンも多い

下地クイチャー保存会 島の繁栄と平和を願い「下地原(すむずばら)ぬクイチャー」を踊った保存会の皆さん

下地クイチャー保存会 島の繁栄と平和を願い「下地原(すむずばら)ぬクイチャー」を踊った保存会の皆さん

多良間村文化協会 踊り手が唄いながら踊る素朴なクイチャーを披露。派手さはないが伝統の持つ重みを表現した多良間村文化協会の皆さん

多良間村文化協会 踊り手が唄いながら踊る素朴なクイチャーを披露。派手さはないが伝統の持つ重みを表現した多良間村文化協会の皆さん

新里民俗芸能保存会 新里(あらだてぃ)のクイチャーを数十年振りに復活させた。独特の方言の唄や円を作って男女が手をつなぐ踊りで観衆を和やかな雰囲気に包み込んだ

新里民俗芸能保存会 新里(あらだてぃ)のクイチャーを数十年振りに復活させた。独特の方言の唄や円を作って男女が手をつなぐ踊りで観衆を和やかな雰囲気に包み込んだ

荷川取のクイチャー 宮古を代表するクイチャーとして知られる。10回連続の出場。今回は節目の大会のトリを務め、躍動感あふれる踊りで締めくくった

荷川取のクイチャー 宮古を代表するクイチャーとして知られる。10回連続の出場。今回は節目の大会のトリを務め、躍動感あふれる踊りで締めくくった

友利郷土芸能保存会 唄と手拍子だけで踊り古くから伝わるクイチャーをアピール。素朴だが力強さと優雅さを秘める

友利郷土芸能保存会 唄と手拍子だけで踊り古くから伝わるクイチャーをアピール。素朴だが力強さと優雅さを秘める


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!