01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
政治・行政
2011年11月19日(土)9:00

採択枠23に120人殺到/太陽光発電設置補助事業第2期

抽選会に多数の市民参加


補助採択見込み件数の約5倍の人が参加し、くじを引く抽選会=18日、市役所平良庁舎

補助採択見込み件数の約5倍の人が参加し、くじを引く抽選会=18日、市役所平良庁舎

 宮古島市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付事業の2011年度第2期抽選会が18日、市役所平良庁舎で開かれた。採択見込み件数23に対し、委任を含め約120人が抽選に参加。採択倍率約5倍という高倍率となった。補助交付者の決定は後日、改めて本人に通知される。


 11年度の同事業では、発電1㌔㍗当たり4万円、上限16万円までを補助している。当初予算は400万円だったが、第1期で20件、合計320万円を交付。予算残は80万円となったが、市民のニーズは高いとの判断から市は一般会計補正予算で300万円を追加し、第2期予算額を380万円に増額。上限での申請で23件まで枠を拡大させていた。

 申請締め切り時の応募件数は138件だったが、事前キャンセルや当日不参加などもあり、実際に抽選会に参加したのは約120件だった。

 参加者たちは受付時に抽選くじを引く順番を決めるくじを引き、その番号に従って、補助を受ける優先順位を決める本抽選のくじを引いていった。

 23以下の数字を引いた人は確実に補助金交付を受けることができるほか、補助申請金額が上限に満たない人が複数いた場合、さらに何人かが補助を受けることができる。結果は約2週間後に、担当するエコアイランド推進課から通知される。

 抽選で23以下の番号を引いた市伊良部在住の主婦(55)は「設置して良かったという話を知人から聞き、うちも設置しようと思った。余った電気を買い取ってくれるというのがうれしい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!