07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2011年11月24日(木)9:00

県内上位2000番に517頭/霜降り育種価

4頭に1頭宮古の牛 肉質遺伝能力の高さ示す


 自家保留した雌子牛に奨励金を交付する事業の対象要件となる、県内2000番以内の霜降り育種価(遺伝能力)を持つ母牛が宮古地区に517頭(宮古442頭、多良間75頭)いることが、JAおきなわ宮古地区畜産振興センターへの取材で22日、分かった。奨励金の上限は、1頭当たり12万円。申込受付は、JAの窓口で8月と10月の2回行い、20人が24頭分を申請した。第3回の申請は、来年1月に受け付ける。



 対象牛2000頭は、2万9777頭から選抜された。4頭に1頭を宮古の牛が占める割合で、宮古の母牛群の肉質遺伝能力の高さが明らかになった。
 同事業は母牛の更新促進と、肉質の良い牛を生産する優良母牛群の形成を目的とする。県畜産振興基金公社が、実施している。


 育種価は、県家畜改良協会が産子の枝肉成績を基に年2回コンピューターで解析し、データを関係機関に提供。2000番以内の牛については、畜産公社が、農家に奨励事業の対象母牛に該当する旨を通知している。
 保留は書類を申請後、JAが子牛の体高を測定し、基準値を満たしたと確認した時から開始する。体の小さい牛は認められない。保留した子牛に、1頭以上の子牛を産ませることも対象要件。保留牛を他人に譲渡、売却した場合、奨励金は返還しなければならない。奨励金は、今年度末ごろまでに交付される。


 申し込み時には①事業実施計画書②母牛の育種価を証明する書類③牛舎周辺の地図-などを提出する。
 第3回の申し込み期間は、2012年1月4日~同17日。子牛の対象生年月日は、11年3月2日~同6月1日。 詳しい問い合わせはJAおきなわ宮古地区畜産振興センター(電話72・4680)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!