07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化 社会・全般
2011年11月26日(土)9:00

中曽根君(西城中3年)に県会長賞/いっしょに読もう!新聞コン

日本新聞協会主催



県NIE推進協議会の会長賞を受賞した中曽根君=25日、西城中学校

県NIE推進協議会の会長賞を受賞した中曽根君=25日、西城中学校

 日本新聞協会主催の「第2回いっしょに読もう!新聞コンクール」の入選者が25日、発表された。宮古からは中学校の部で西城中学校3年の中曽根海夢君が県NIE推進協議会の会長賞を受賞した。中曽根君は「まさか受賞するとは思っていなかった。(会長賞は)すごいことと思う」と受賞の喜びを語った。


 同コンクールは、日本新聞協会がNIE(ニュースペーパー・イン・エデュケーション=教育に新聞を)を広く知ってもらうことを目的に、11月の「NIE月間」の事業としてを昨年から開催している新聞感想文コンクール。今年、県内からは小学校の部に102点、中学校の部71点、高校の部244点の応募があった。

 中曽根君が応募テーマに選んだのは、東日本大震災の被災地に車いすの寄贈を続ける、大阪のベンチャー企業社長で現役の大学生でもあり、自身も車いす利用者の男性の取り組みを紹介した記事。感想文の中で選んだ理由について「私たち一般市民は自分に何ができるか考え、それを今後も続けていく必要があると思ったから」と説明している。

 記事を読んで思ったこととは「この活動の目的が『小さくても長く続けられる支援を』。その考えに関心が湧いた。僕なら何ができるかと考えた」。記事に対する家族の意見として「すてきな生き方をしている」との母親の意見を挙げ、「僕も『すてきな生き方』に憧れ、こういう生き方をしたいと強く思った。これからも一人一人が被災者と心を一つにし、協力すれば被災者にも明るい未来が来ると信じている」と感想をまとた。

 受賞の知らせに中曽根君は「まさか賞を取れるとは思っていなかった。最初に聞いたときはピンとこなかったが、先生や友人からすごいと言われ、改めてすごいことだと思った」と笑顔を見せた。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!