07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化
2011年12月9日(金)9:00

先進農家訪ね研修/宮総実高3年生

就農意識の高揚促進


肉用牛先進農家の上地さんから話を聞く生徒たち=8日、上野大嶺

肉用牛先進農家の上地さんから話を聞く生徒たち=8日、上野大嶺

 高校生の就農意識高揚などに役立てることを目的とした2011年度の先進農家視察研修(主催・宮古地区農でグッジョブ推進会議、宮古総合実業高校など)が8日、行われた。同校生物生産学科の3年生22人が、農業のプロの現場を訪ねて話を聞き、実践を目の当たりにした。肉用牛経営の上地良淳さん(55)=上野大嶺=は「宮古では若い皆さんの農業参入が、求められている。農業はきついなどといわれた時代は、終わった。将来の職業に農業を選び、盛り上げてほしい」と激励した。

 上地さんは、母牛や子牛などを合わせて120頭以上を飼う農業生産法人「大海」の経営者。2001年に宮古で初めて、子牛の超早期離乳という技術を導入した。それ以前は母牛と一緒に、3~4カ月飼育。現在は4~5日で母牛から離し、小屋で飼っている。

 同技術の導入で出産サイクルが11・6カ月に短縮され、下痢で死亡する子牛はほぼゼロになったという。

 上地さんはこの例から農業では革新・創造性も大事だと強調した。

 畜産コースの伊佐祐輝君は「牛が全体的に大きい。育て方上手だなと思った。習ったことを、学校の勉強に役立てたい」と感想を語った。

 一行はこの後、上地登さん(栽培品目・マンゴー)、伊志嶺一之さん(同ゴーヤー)、宮平浩幸さん(同カボチャ)の畑を巡り研修した。

 出発式でグッジョブ推進会議の下地秀一会長は「宮古では地下ダムなどの農業施設が整い、マンゴー生産は日本一になった。一方、後継者確保が課題になっている。先輩たちの経営哲学などに触れて、農業をやってみようと思う人が、出て来てほしい」とあいさつした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!