07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2011年12月16日(金)9:00

ゴーヤーの共選基準確認/JA

農家ら集い「目ぞろえ会」


ゴーヤーの品質やサイズの基準を確認した目ぞろえ会=15日、JAおきなわ上野集荷場

ゴーヤーの品質やサイズの基準を確認した目ぞろえ会=15日、JAおきなわ上野集荷場

 JAが島外に出荷しているゴーヤーの共同選別基準の統一を図る「目ぞろえ会」が15日、JAおきなわ上野集荷場であった。市内4カ所の集荷場で働く職員や、農家ら約50人が参加。ゴーヤーの実物を見ながら、色や形、長さ、太さなどについて選別基準を確認した。


 ゴーヤーは、10月12日から出荷をスタート。現在本格化して、目ぞろえ会となった。

 説明には、JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部の与那覇悟・営農指導員が当たった。与那覇さんは、共同選別は市場の信頼を得るための大事な作業なので、サイズや品質をしっかり統一するよう職員らに指示。農家には、収穫が遅れて果実が大きくなり過ぎると、見た目は立派でも規格外品になると、注意を促した。

 ゴーヤーの出荷は、来年3月ごろピークに入り、6月末まで続く。2011年度産の販売は数量500㌧、金額2億円を計画している。

 宮古島市は、2007年にゴーヤーのブランド産地化を視野に、拠点産地に認定された。現在ではブランドの条件とされる「定時、定量、定品質」の「品質」に高い評価を得て、宮古島産は毎年、高値安定で推移している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!