06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
教育・文化
2012年1月7日(土)9:00

合併後初 市史通史編発刊へ

宮古研究家17人の総力結集


 原始時代から市町村合併まで、宮古の歴史の流れを収めた「宮古島市史第一巻通史編」が、3月末に発刊される見通しとなった。市史編さん委員で宮古研究家17人の総力が、結集された大作。市民に親しまれ、中・高校生の副読本にも活用できるようにと、文章は分かりやすく工夫した。


 合併前の市町村史・誌は、宮古全体を網羅した平良市史(10巻)や、城辺町史(5巻)、多良間村史(6巻)、伊良部村史(1巻)、下地町誌、上野村誌などが発刊されていた。今回の第一巻通史(多良間含む)は従来の成果に、新たに発掘された史資料を加えて編集した。
 調査研究は、市町村合併翌年の2006年にスタートし、発刊までに6年を費やした。合併後初の市史編さん事業による、市史発刊となる。B5判の約700ページと分厚い。

 仲宗根將二・宮古島市史編さん委員長は編集方針について「市史の対象=読者は、あくまでも市民であり『市民のための市史づくり』を目指して、市民各層に歓迎されるとともに、研究者の批判にも絶え得る市史でありたい」と述べている。

 内容は①「先史・グスク時代」-先島文化圏からグスク文化圏へ②「古琉球」-統一へ動く宮古③「近世」-薩摩藩・琉球王府統治下の宮古④「近代」-廃藩置県から終戦までの宮古⑤「現代」-戦後の宮古-の5編で構成した。

 市史編さん大綱は「沖縄・日本の歴史には宮古・八重山(先島)からの視点が必ずしも十分に反映されていない。宮古島市史編さん事業の持つ意義の一つがここにある」と特徴を示した。

 宮古島市史編さん委員は次の通り。(敬称略)

 委員長=仲宗根將二▽豊見山和行▽友利恵勇▽石原信一▽長濱幸男▽波平勇夫▽来間泰男▽本永清▽佐渡山政子▽下地利幸▽下地和宏▽砂川明▽砂川幸夫▽砂川玄正▽平良勝保▽宮川耕次▽上原孝三


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!