09/28
2022
Wed
旧暦:月日   
産業・経済
2012年1月22日(日)9:00

糖度13・09度、基準下回る/宮糖多良間工場操業1週間

製糖操業が始まり活気づいている=21日、宮古製糖多良間工場

製糖操業が始まり活気づいている=21日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】宮古製糖多良間工場の2011~12年期のサトウキビ製糖操業は、15日の開始から1週間となった。20日現在の平均糖度は13・09度と、基準糖度帯(13・2~14・4度)を下回った。トン当たり農家手取額は、基準額の2万1502円を694円下回る2万808円。今期操業は、日照不足や台風の影響により、前期実績比約6300㌧(26%)の原料減産を見込むなど、厳しさが予想されている。同工場は晴れ続きや冷え込みによる、今後の糖度回復に期待している。


 原料は、1053㌧搬入された。平均糖度(13・09度)は初日の13・17度より少し下がった。糖度が低くなっている理由には、日照不足や台風の影響のほかに、イネヨトウ幼虫の被害も挙げている。製糖期間近になっても、幼虫が茎を食害し、中には折れたキビも見られるという。

 搬入された原料の糖度区分別の構成比は13・1度以下が49・37%。基準糖度帯(13・2~14・4度)が42・69%、14・5度以上7・94%と、約5割が基準以上となっている。最高糖度は、15・70度(トン当たり価格2万3560円)を記録した。

 手刈りは23㌧で全体の原料に占める割合は、2・2%。ハーベスターなどの機械刈りが446㌧(42・4%)、枯れ葉を付けたままのキビを手斧で切り取って出荷する「無脱葉」が584㌧(55・4%)。多良間は他地区と比べ、機械化や作業の効率化が進んでいる。

 同工場の今期の原料搬入は、前期実績より約6300㌧少ない1万7500㌧、平均反収は6・9㌧を見込んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!