01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政
2012年2月2日(木)9:00

指定管理者を再募集/うえのドイツ文化村

期間は3年間に変更


 1月30日に開かれた市議会臨時会で下地敏彦市長が提案を取り下げた、うえのドイツ文化村の指定管理者について、市は条例違反と指摘された5年間という指定期間を、条例で定めた3年間に変更し、1日から再募集を開始した。今回の再募集について長濱政治副市長は現在、運営を行っている財団が3月末で解散することを踏まえ「4月1日からの(運営の)空白はぜひとも避けたい」との考えを示した。


 現在、運営を行っている財団法人博愛国際交流センター(理事長・長濱副市長)の3月末解散決定を受け、市ではうえのドイツ文化村の指定管理者を昨年11月11日から12月1日まで募集。書類不備だったが後日、提出があったことから受理した1団体を含む3団体から応募を受け、宮古島市公の施設に係る指定管理者候補者選定委員会で審査の結果、1団体を候補者に選定。市議会臨時会に指定管理について議決を求める議案を提出していた。

 しかし、指定管理の期間が、条例では3年間と定められていながら、5年間で公募していたことを多くの議員が問題視。期間を3年間から「市の指定する期間」に変更する条例の一部を改正する条例も併せて提案されていたが、下地市長は「条例改正を行い、その後に指定管理者を決定するのが妥当だった」として指定管理の議案を撤回した。

 複数の議員からは、市が多額の委託料を支払う指定管理ではなく、賃料を徴収する賃貸契約での運営団体を探すべきとの意見が出され、長濱副市長は今後、検討していく考えを示していた。

 議案撤回の2日後という早いタイミングでの再募集を決めたことについて長濱副市長は「賃貸について検討するといったが時間が足りない。指定管理で運営しながら検討していきたい」と語った。ただし、「管理費だけで4000万~5000万円が必要となる。コスト面を考えると賃貸は難しいのでは」との考えを示す。

 再募集期間は2月21日まで。年間委託料は前回と同じ2550万円。応募締め切り後、選定委員会で審査を行い、市議会3月定例会に候補者を提案し議決を求める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!