06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
政治・行政
2012年2月3日(金)9:00

バリアフリーの浜辺へ/市港湾課

車いすで散策も/パイナガマビーチ改良工事


スロープ設置のため護岸の取り壊しが行われている=1月31日、パイナガマビーチ

スロープ設置のため護岸の取り壊しが行われている=1月31日、パイナガマビーチ

 市内平良のパイナガマビーチが、バリアフリーで景観の美しい浜辺に生まれ変わる。市建設部港湾課が、車いすで陸と浜の間を行き来できるスロープの設置工事や、老朽化した護岸を強化する根固め工事を実施。黒ずんだコンクリートの護岸に砂の色に近い特殊塗料を吹き付ける工事もやがて着工する。年度以降には、飛砂防止工事も行う。


 平良港パイナガマ地区護岸改良整備工事の期間は、2009~年度までの5年間。総事業費は、1億5000万円をかける。

 スロープ設置工事では現在、コンクリート護岸の取り壊しが行われており、この部分にらせん状の斜路を造る。幅は㍍、浜から上までの高さが2・2㍍。完成する春には、車いすでの浜の散策もできそうだ。同スロープは年寄りなど、足腰の弱い人にも便利な通路となる。

 護岸の根固め工事は、台風の際に砂が移動して底がむき出しになり、海水の浸食被害を受ける恐れがあるため、その未然防止を目的に実施する。護岸手前の浜を掘り、石を敷き詰めて護岸の底を強化している。砂浜を掘って石を埋めた分、砂が盛り上がるというプラスアルファの効果も期待されている。

 特殊塗料は、砂と接着剤を混合したざらざら感触の塗料。護岸への吹き付け工事は2月下旬に始まり、年度までの完了を予定している。同塗料には、太陽放射熱を遮る遮熱効果もあるという。完成予想図は、砂浜と護岸の色分けのない美しい景観を描いた。

 飛砂は、護岸の後ろに低木を植えて、ネットを張り防止する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!