06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2012年2月11日(土)9:00

キビ 平年より大幅減産/製糖操業から1カ月

糖度3工場とも横ばい



サトウキビを運ぶシャボ=10日、宮古製糖城辺工場

サトウキビを運ぶシャボ=10日、宮古製糖城辺工場

 宮古本島内製糖2工場(宮古製糖城辺工場、沖縄製糖宮古工場)と宮古製糖伊良部工場の2011-12年産サトウキビの製糖操業は、1月11日の開始から1カ月となった。9日現在の平均糖度は3工場とも基準値(13・2度)以上だが、初日からほぼ横ばいで推移している。収量はキビの茎が平年より短くて細く、生育本数も少ないため平年と比べ大幅な減産が見込まれている。


 【宮糖城辺】9日までに3万5241㌧が搬入された。昨年12月時点の生育調査によると茎長は前年同期の295㌢より62㌢短い233㌢。茎径が2・23㌢(前年2・35㌢)、10㌃当たり生育本数は6396本と前年の6680本より284本少ない。

 植え付け期(10年9月)の干ばつに伴う発芽不良や11年2~4月の日照不足、生育旺盛期の同年5月に襲来した台風2号による葉の裂傷、同7月の少雨傾向-などが生育を阻害した。

 11~12のキビの大束を積み込むトラック1台の平均積載量は5・6㌧で、前年の6・5㌧より0・9㌧減った。今年のキビは汁の含有量も少ないと見られ、これも減収の要因になっている。当初見込んでいた8万9000㌧の原料搬入量は、最終的にはこれを下回ると予想している。

 平均糖度は13・37度と初日とほぼ変わらない。糖度区分別の内訳は13・1度以下が41・85%、基準糖度帯(13・2~14・4度)が43・63%、14・5度以上が14・52%。約6割が基準以上だった。最高糖度は16・80度(トン当たり価格2万5098円)。トン当たり平均農家手取額は2万1079円と基準額の2万1502円を423円下回った。

 【沖糖宮古】原料は4万4926㌧搬入された。このうちハーベスターで刈り取った原料は1万6498㌧で全体の36・7%。同工場管内のハーベスター収穫申し込み面積は全体の6割を占めており、同工場は晴れ続きによる稼働率向上に期待している。

 平均糖度は14・25度で初日の14・21度とほぼ同じ。糖度区分別の内訳は13・1度以下が15・53%、基準糖度度帯が41・03%、14・5度以上が43・45%。8割強が基準を上回った。最高糖度は17・80度(トン当たり価格2万6497円)。トン当たり農家手取額は2万1942円で基準額を440円上回った。同工場の原料も当初見込みの9万8000㌧を下回る見通し。

 【宮糖伊良部】原料は1万3810㌧搬入され、平均糖度は14・64度と3工場の中で最も高い。原料に占める品種構成比は農林15号が67%と最も多く、糖度も同品種が14・9度と高い。農林15号の高品質が全体の成績を押し上げた。

 糖度区分別の構成比は13・1度以下が8・60%、基準糖度帯が31・79%、14・5度以上が59・60%。9割強のキビが基準以上となった。最高糖度は17・80度(トン当たり価格2万6497円)。トン当たり農家手取額は2万2329円で基準額を827円上回った。同工場の当初原料見込み4万1000㌧も下方修正される見通し。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!