01/27
2023
Fri
旧暦:1月6日 赤口 乙 
社会・全般
2012年2月13日(月)23:17

オリックスキャンプ便り⑧ 比嘉 幹貴投手(29)

登板増やし「優勝に貢献」


比嘉 幹貴投手

比嘉 幹貴投手

 「けがの繰り返しが良くない」と反省点を挙げる。コザ高卒の県出身プロ野球選手として県民の注目を浴びる存在だ。それだけにけがで登板できなかった日々を悔やむ。「今年は順調にきている。期待に応えたい」と力強く話した。


 期待のサイドスロー右腕は、下地球場で充実した毎日を送っている。「今のところ本当に順調。この1カ月をけがなく乗り切って開幕に備えたい」と笑顔を見せながら好調ぶりをアピールした。

 昨季は「チームとしても個人的にも悔しい年になった。個人としては前の年に比べて登板も少なくなった」と振り返る。

 今季は「けがの繰り返しをしないこと。1軍での登板を増やしてチームの優勝に貢献したい」と決意する。

 宮古島のファンにひとこと いつも「頑張れ」という声援をいただき感謝している。今年こそは皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。

 比嘉 幹貴(ひが・もとき) 1982年12月7日生まれ。沖縄市出身。コザ高-国際武道大-日立製作所-オリックス。2010年のドラフト2位で入団。身長177㌢、体重77㌔、右投げ右打ち。背番号35。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!